JR目黒駅 東京メトロ南北線・東京都営三田線目黒駅 徒歩約5分 東京都品川区の事務所 東京・千葉・埼玉・神奈川など東京近郊の方のご来所に便利な場所です。お電話だけのご相談は承っておりません。必ずご予約の上,弁護士とお会いいただくことが必要ですのでご了承願います。

刑事事件の弁護はお任せください!

事務所営業時間 平日9:30〜17:30

ただし土日休日・夜間相談可 即接見対応可 

ご相談の予約受付 03-5793−9115 平日9時30分〜17時30分

  1. ホーム
  2. 刑事手続のご説明
  3. 在宅事件と身柄事件

逮捕されなくても捜査は続く

新聞やテレビなどでは,毎日のように,「○○警察署が,○○を○○罪の疑いで逮捕した。」などという報道がされています。

このように,刑事事件では,身柄を捜査機関が拘束した上で捜査を進めるやり方と,身柄を拘束しないまま捜査を進めるやり方とがあります。

実務上,前者を「身柄事件」,後者を「在宅事件」と言っています。

ただし,在宅事件とされていることと,起訴されるかどうかとは直接の関係はありません。

起訴するかどうかの判断権者は検察官であり,在宅事件であっても,検察官が起訴するかどうか決めるまで捜査は続きます,身柄をまったく拘束されないまま,起訴されるケースもあります。逆に,身柄を拘束されても,結局,証拠が十分でないなどの理由で起訴されないケースもあります。

このページのトップに戻る

ご相談・料金案内

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話にてお問合せください。

また,ご相談の流れもお読みいただければ幸いです。

トピック

H28.8 刑事事件専門サイトを新設しました!

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

刑事事件の解決は弁護士へのご相談をお勧めします