1. ホーム
  2. 罪名・事件の特徴など
  3. 痴漢事件

強姦・強制わいせつはどんな犯罪か

強姦罪は,暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女性を姦淫した場合に成立します。姦淫が未遂に終われば強姦未遂罪です。13歳未満の女性を姦淫した場合は,暴行脅迫を加えていなくても成立します。法定刑は3年以上の有期懲役であり,相当重い犯罪です。

強制わいせつ罪 は,暴行又は脅迫を用いて13歳以上の男女にわいせつな行為をした場合に成立します。13歳未満の男女にわいせつな行為をすれば,暴行脅迫を加えていなくても成立します。法定刑は6月以上10年以下の懲役です。

強姦・強制わいせつ事件を弁護する弁護士の視点

必ず被害者がいらっしゃる犯罪ですから,事実関係に間違いがないケースでは,被害者への対応,すなわち謝罪や慰謝料の支払い,示談が重要な意味を持ちます。

さらに,ご本人の反省はもちろん,ご家族などの協力を得ながら,二度と同様のことを繰り返さないための環境を整えることが重要です。

被害者が一定の年齢未満であることが要件となっている場合には,被害者がその年齢に達していないことをご本人が知っていなければ犯罪は成立しません。

また,そのような年齢が要件とされていない場合には,被害者が承諾していれば犯罪とはなりませんし,被害者の意思に反することをご本人が分かっていなければなりません。

性犯罪の事件については,このような年齢に対する認識や,被害者の承諾について問題となるケースが多く見られます。

例えば,ご本人は,女性と合意の上で性行為に及んでいた(はずである)のに,後日,警察に被害届や告訴を出されたなどというケースです。

このような場合には,被害者の話に基づいて捜査が進められることが多くなりがちであるため,被害者の話の信用性を慎重に吟味することが必要です。

このページのトップに戻る

ご相談・料金案内

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話にてお問合せください。

また,ご相談の流れもお読みいただければ幸いです。

トピック

H28.8 刑事事件専門サイトを新設しました!

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

刑事事件の解決は弁護士へのご相談をお勧めします