JR目黒駅 東京メトロ南北線・東京都営三田線目黒駅 徒歩約5分 東京都品川区の事務所 東京・千葉・埼玉・神奈川など東京近郊の方のご来所に便利な場所です。お電話だけのご相談は承っておりません。必ずご予約の上,弁護士とお会いいただくことが必要ですのでご了承願います。

刑事事件の弁護はお任せください!

事務所営業時間 平日9:30〜17:30

ただし土日休日・夜間相談可 即接見対応可 

ご相談の予約受付 03-5793−9115 平日9時30分〜17時30分

  1. ホーム
  2. 弁護士ができること
  3. 事情聴取と接見

刑事事件に強い弁護士が詳細に聴取

刑事事件を受任した弁護士は,まず,ご本人やご家族(特にご本人)から詳しく事情をうかがい,どのような事件であるのか,状況はどうなっているのか,ご本人の言い分はどういうことなのかを把握します。

特に,警察や検察で取り調べを受けている段階では,弁護人でも警察や検察が持っている証拠を見ることができませんので,ご本人の話は重要です。 その上で,今後,どのような手続が見込まれるのか,どのように対応するのがよいのかをアドバイスさせていただきます。

また,刑事事件の実務では,まだまだ取調べ,その際に作成される供述調書が重要な意味を持っています。取調べの際には,警察官,検察官が聞き取った話を供述調書にします。この供述調書は,その後の手続で証拠として使うために作成されるものであり,検察官が起訴するかどうかを決める際も,裁判所が有罪・無罪を決める際も証拠となり得ます。

ところが,この供述調書は,あくまでも取調べをした警察官,検察官が本人から聞き取った話を,物語形式でまとめて書くため,本人が伝えたい微妙なニュアンスや表現が捜査機関の側に都合の良いように書かれるおそれがあります。

また,警察官や検察官がそのような意図を持っていないとしても,聞き違いや勘違い,あるいは本人の言葉が足りないことによって,事実とは微妙に違う内容となるおそれもあります。そのため,取調べを受けるに際しての注意事項等についても十分に説明させていただきます。

刑事事件に強い弁護士が接見にまいります

当法律事務所の弁護士が,警察署や拘置所等へ赴いてご本人と面会し(接見といいます。),事情をうかがい,上記のようなアドバイス,説明等をいたします。

刑事事件では,逮捕・勾留という手続によって,ご本人の身柄が拘束されている場合が相当あります。特に初めて逮捕された方にとって,身柄の拘束は,取調べを受けながら慣れない施設内での生活を強いられるなど,精神的負担が大きいだけでなく,ご家族のご心配も相当なものとなります。

さらに,ご本人が身柄を拘束されている施設へご家族が面会に行けば立会人がつきますし,また,場合によっては,接見禁止という面会禁止の処分がつけられていることもあります。

しかし,弁護士は立会人なしで,しかも接見禁止処分がついていても接見ができます。 手続についての法的な説明,アドバイスだけでなく,ご家族に代わって励まし,勇気づけることができます。

弁護士による接見は釈放への第一歩であり,当法律事務所の弁護士による接見は,ご本人やご家族にとって,大きな精神的サポートになることと思います。

なお,東京近郊の警察署等であれば,接見について,原則として着手金以外の別料金はいただいておりません。

このページのトップに戻る

ご相談・料金案内

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話にてお問合せください。

また,ご相談の流れもお読みいただければ幸いです。

トピック

H28.8 刑事事件専門サイトを新設しました!

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

刑事事件の解決は弁護士へのご相談をお勧めします