JR目黒駅 東京メトロ南北線・東京都営三田線目黒駅 徒歩約5分 東京都品川区の事務所 東京・千葉・埼玉・神奈川など東京近郊の方のご来所に便利な場所です。お電話だけのご相談は承っておりません。必ずご予約の上,弁護士とお会いいただくことが必要ですのでご了承願います。

刑事事件の弁護はお任せください!

事務所営業時間 平日9:30〜17:30

ただし土日休日・夜間相談可 即接見対応可 

ご相談の予約受付 03-5793−9115 平日9時30分〜17時30分

  1. ホーム
  2. 罪名・事件の特徴など
  3. 交通事件

交通事件はどんな犯罪か

自動車の運転上必要な注意を怠って人を死傷させた場合は,過失運転致死傷罪が成立します。

さらに,アルコールや薬物の影響で正常な運転が困難な状態で自動車を走行させたり,進行の制御が困難な高速度で自動車を走行させて人を死傷させたりなど,自動車を法律が定めた危険な態様で運転し,それによって人を死傷させた場合は危険運転致死傷罪となります。

過失運転致死傷罪の法定刑は,7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です。危険運転致死傷罪の法定刑は,負傷させた場合が15年以下の懲役,死亡させた場合が1年以上の有期懲役です。

単に道路交通法に違反したという事件は,比較的軽微な事件と思われがちです。しかし,酒酔い運転の法定刑は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金,酒気帯び運転や無免許運転のの法定刑は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金,決して軽視できません。

ちなみに,酒酔い運転罪と酒気帯び運転罪との違いですが,酒気を帯びて自動車を運転した人が,アルコールの影響で正常な運転ができないおそれがある状態であった場合が酒酔い運転罪,身体に政令で定める以上(呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上,血液1ミリリットルにつき0.3ミリグラム以上)のアルコールを保有していた場合が酒気帯び運転罪です。

交通事件を弁護する弁護士の視点

自動車を運転する際の犯罪ですので,情状としては,日常の運転を含めた交通法規に対する態度が重要です。また,ご本人の決意はもちろん,同様のことを繰り返さない環境をどのように整えられるかも重要なポイントとなります。

なお,道路交通法違反の罪であっても,その態様や違反歴などによっては,罰金ではすまされずに,正式な裁判にかけられて,最悪の場合は服役しなければならないケースもありますので,軽く見ることはできません。

過失運転致死傷や危険運転致死傷の事件では,必ず被害者やご遺族がいらっしゃいます。被害者の方が被った結果(死亡したのか,怪我の程度はどのくらいなのか),それと併せて,被害者への対応,謝罪や慰謝料の支払い,示談が重要です。

その他,処罰を決する際に考慮される事情としては,事故の場所(見通しはどうか,横断歩道上か,交差点か,信号はあるのかなど),どのような運転上の不注意があったのか(脇見,前方不注視,信号の見落とし,整備不良など),運転していた自動車(バイクなのか,普通車なのか,大型車なのかなど),被害者側に何らかの落ち度がなかったかなどがあります。

過失運転致死傷は,自動車運転上の不注意によって,死傷の結果が生じなければなりません。注意を尽くしていても,事故を回避できなかったのであれば,犯罪は成立しません。この注意義務違反が認められるのかどうかを十分に検討する必要があります。

また,危険運転致死傷には,前述のように法律で一定の要件が定められていますので,本当にこの要件を満たす証拠があるのか,十分に検討する必要があります。

過失運転致死傷や危険運転致死傷の事件では,ご本人が被害者を発見した場所や信号を確認した場所,危険を感じた場所などが事件を解明する上で重要です。そのため,これらについては取調べでも尋ねられ,供述調書が作成されますが,事故の現場でもご本人立ち会いの上で実況見分が行われ,説明を求められます。これらの指示・説明の際に,ご本人に不利益な誘導等がなされ,不利益な内容の調書等が作成されないよう注意する必要があります。

このページのトップに戻る

ご相談・料金案内

お問い合わせ

まずはお気軽にお電話にてお問合せください。

また,ご相談の流れもお読みいただければ幸いです。

トピック

H28.8 刑事事件専門サイトを新設しました!

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

刑事事件の解決は弁護士へのご相談をお勧めします